神奈川県での犬のしつけは、ワンライフサポートサービスへ

プロフィール

松本 博之(まつもと ひろゆき)

 

犬の行動問題専門 ドッグインストラクター

 

ワンライフサポートサービス代表者

 

 

従来の動物行動学に加え、心理学に基づく学習理論から犬の行動によって起こる諸問題を解決するためにサポートする。

 

2002年大阪コミュニケーションアート専門学校ドッグトレーナー科を卒業後、体罰を用いたドッグトレーニングに疑問を感じ、さらに知識を深めるため動物愛護の先進国スウェーデンに留学。スウェーデンにて、犬の行動心理学者によって組織される団体IMMIが認定するドッグインストラクター養成プログラムを終了する。それと同時に約1年半に渡り、犬の行動心理学者Yrsa Franzen-Gornerupのもとで動物行動学、行動分析学、訓練理論、トレーニングスキル、基礎獣医学等を学ぶ。

 

帰国後、犬の問題行動と病気の関係性を重要視し専門学校ルネサンスペットアカデミーを経てダクタリ動物病院東京医療センター(旧ダクタリ動物病院広尾セントラル病院)に就職。5年間にわたり動物看護師業務に加え、犬の行動治療カウンセリングに従事する。

 

動物病院で働く中で、愛犬の激しい攻撃行動のため飼う事ができず、泣く泣く安楽死を考える飼い主たちとの出会いから、「問題行動の解決が犬たちの命を救う」と考え、犬のしつけを専門とするワンライフサポートサービスを設立。

 

 

 

資格、所属団体

 

IMMI認定ドッグインストラクター養成コース 卒業者
日本動物行動学会 会員
社会動物環境整備協会認定 ドッグライフカウンセラー
日本愛玩動物協会認定 愛玩動物飼養管理士
日本動物病院福祉協会(JAHA)認定 動物看護師 1級
動物看護師統一認定機構認定 動物看護師

 

第一種動物取扱業 「第203-00039」 訓練

 

 



トップ プロフィール コース案内 料金案内 お問い合わせ