*

トリマーさんへのお願いごと

公開日: : 最終更新日:2018/09/10 犬との快適な過ごし方

Share Button

 

トリマーという職業は、卓越した技術やスキンケアの知識、栄養管理など専門性がとても深く、私はトリマーさんたちをとても尊敬しております。

そのため、プロの仕事に対して口を出すことにとても抵抗があるのですが、

ちょっとだけお願いしたいことがあります。

 

嫌な事をされると怒ってしまうワンちゃんのトリミングを依頼された時、

ドッグトレーナーから、または飼い主さんから、

「無理はせず、できる範囲で結構です。」

とお願いされることがあると思います。

 

 

これは、

トリマーさんへの配慮はもちろんなのですが、

「激しく嫌がるなら無理やりしないでくださいね」

という意味も含まれているんです。

 

「(トリマーさんが)できる範囲で結構です。」というような、

プロの力量を測っているわけではけっしてありません。

 

「(ワンちゃんが)できる範囲で結構です。」

という事なんですね。

 

 

激しく嫌がるところを無理やり押さえつけておこなっているかぎりは、

それらに慣れることはけっしてありません。

むしろどんどん嫌いになってしまいます。

 

ワンちゃんがトリミングを嫌いにならないための配慮をお願いしたいのです。

ぜひ食べ物を使ってください。可能であれば工程ごとに数日に分けておこなってもらってもかまいません。

 

 

ドッグトレーニングというものは、皆様が期待しているような魔法ではありません。

学習を起こすためには、そのための自然の法則に従った手続きを踏む必要があります。

例えば、

お家でブラッシングに慣れさせできるようになったとしても、トリミングショップでブラッシングを嫌いにさせていると、お家ではできるが、お店ではできないという状態になってしまいます。ワンちゃんは行動と場所を結びつけて学習するのですね。

そのため、お店でトリミングできるようになるには、お店での取り組みがとても重要になります。それにはトリマーさんの協力なしに実現することはできません。

 

“慣れさせる”と聞くと、長期間続けることでようやく効果が出てくる、というようなイメージを持たれることがありますが、けっしてそういうわけではありません。

 

“慣れる”というものを専門的に説明すると、

「同じ刺激を何度も与えることで、それに対して反応しなくなる」

という事を指します。

ワンちゃんにとって、抱っこされることも体を触られることも、爪切りをさせることも、すべて体に加わる刺激です。

爪切りの時に、いきなり足を持ち、爪をズバッと切ると、激しく嫌がるでしょう。

代わりに、まずワンちゃんの足先をやさしく握り、ゆっくりと静かに5〜10秒ほどニギニギします(刺激を何度も与える)。その後に爪先を少しカットする、という手順をおこなうだけで、ワンちゃんは嫌がらずにスムーズに爪切りをさせてくれると思います。

このようなことにトリマーさんの技術が加われば、もっとワンちゃんに優しくスムーズにトリミングをおこなう事ができると思います。

 

 

もちろん、ワンちゃんのペースに合わせてトリミングをするためには、様々な困難があると思います。

会社の方針や時間、人間関係など現実的に考慮しないといけないことはたくさんあるかもしれません。

 

ただワンちゃんがトリミングをどんどん嫌いになって激しく噛みつくようになり、

もしもそれでお店にトリミングを断られてしまうと、その飼い主さんとワンちゃんにはもう次のお店が無いかもしれません。

そのような最悪の事態を防ぐためにも、無理はせず、少しずつで結構ですので、ワンちゃんがトリミングを嫌いにならないような取り組みをしていただければと願っております。

何卒宜しくお願い致します。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村ランキングに参加しています。あたたかいお気持ちでポチッとしていただければ励みになります。

関連記事

病気が原因の問題行動。愛犬の病気を治すだけで大丈夫?

  病気によって起こっていた問題行動が、その病気が治ってからも続くという事があります

記事を読む

ワンちゃんを叱る前に読んでください。

  ワンちゃんを厳しくしつけないといけないという思いから、叱ることは十分に理解できま

記事を読む

あなたのワンちゃんは、どれくらいの時間サークルの中で過ごしますか?

あなたの大切なワンちゃんは、1日の間でどのくらいの時間をサークルの中で過ごしていますか? 3時

記事を読む

【犬のしつけ】部屋で放し飼いする時に気を付けること

※一部誤解を招く表現が使われていたため、修正をおこないました。   ワンちゃん

記事を読む

犬同士を挨拶させる時に気を付けてほしいこと。

ワンちゃんを飼うという事は、とても素晴らしいことです。 お散歩に行くと犬友達もでき、飼い主さん

記事を読む

サークルをお仕置き部屋として使わないでください。

  ワンちゃんが何か悪さをした時、罰としてサークルに入れる、ということをされている方

記事を読む

多頭飼いするかどうかで迷っている方へ。

    ワンちゃんといっしょに暮らしていると楽しいことがいっぱいあり

記事を読む

ワンちゃんと上手に暮らすための教育用ポスター

店内にはこんなポスターも置いています。 これはアメリカで活動されているイラストレイター

記事を読む

問題行動、そのまま様子を見ても大丈夫?

  「このまま様子を見ても大丈夫でしょうか。」   愛犬の問題

記事を読む

目指しているもの。

ワンちゃんの問題行動のトレーニングについて考える時、 まずこう考えてみてください。 &n

記事を読む

  • ホームページ

    コンピスのホームページ
    犬のしつけ・トレーニングのご依頼はこちらから

PAGE TOP ↑