*

愛情があっても体罰は暴力!子供と子犬のしつけの混同

公開日: : 最終更新日:2018/03/20 飼い主と犬の関係について, 体罰について

Share Button

犬のしつけで体罰を肯定される方々はこのような事をおっしゃいます。

「感情に任せた体罰は虐待である。一方で愛情のある体罰は教育である。」

 

 

このように考える方は、多くの場合自身の子供の頃の体験と照らし合わせているのではないでしょうか。

子供の頃は悪い事をすると思いっきり叩かれた。今思えば僕の事を思っての事だったんだな・・・・と。

 

このように考える事ができるのは、その人が大人になってから親の立場を想像し理解できたからではないかと思います

子供の頃の行いを悪かったと反省することで、そこではじめて叱った親の愛情に気付くことができるのではないでしょうか。

 

はたして犬たちも同じように考えることができるのでしょうか。過去の出来事を思い返し、反省することなんて。

 

 

過去の出来事を思い返し、それについて考えを巡らせるには“言葉”が必要です。

頭の中で「あの時は・・・・だったから、こうなったんだな~」と言葉で考えるわけです。

しかしワンちゃんたちに言語レパートリーがあるとは思えません。

 

反省するには、自分の行いが悪い事だったと気付く必要があります。

しかし何が良い事で、何が悪い事なのでしょうか。

たしかに絨毯の上でおしっこをすることは悪い事です。

なぜなら絨毯が汚れます。臭いです。見た目もよくありません。

でもそれは人間側の都合ですよね。ワンちゃんからしたら知ったことではないわけです。

 

善悪という考え方は、人間の道徳観に依存するものだと思います。

「悪い事をしたのだから叱るのは当然!」といった声を耳にします。

はたしてその意図がワンちゃんに伝わるでしょうか。

 

 

もしワンちゃんが体罰の中の愛情に気付くことができないのであれば、愛のムチもただの暴力でしかないという事です。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村ランキングに参加しています。あたたかいお気持ちでポチッとしていただければ励みになります。

関連記事

犬の変化そして私たちのもとへ

  犬たちは長い年月をかけて、私たちと暮らしてきました。 なぜ犬たちはここまで

記事を読む

【重要】怒って噛みつく愛犬に飼い主が最初にするべき事は・・・

飼い主がワンちゃんに対して何か嫌な事をした時、当然ワンちゃんは嫌がります。 そして何を嫌と感じ

記事を読む

最新の犬のしつけ!主従関係なんてぶっとばせ!!

「犬との主従関係を作ることがとても重要です。」 「犬は下位のものが上位のものに従う動物

記事を読む

嫌な事をすれば犬は怒ります。それは自然な行動です。

愛犬と良い関係を築いていても、ワンちゃんは怒ることがあります。   従来の犬の

記事を読む

“一見よさそうだがじつは効果のない方法”に騙されないために

※今回は上下関係という考え方を否定する内容ではなく、ワンちゃんの行動を見て、安易に上下関係という考え

記事を読む

怒る犬をからかわないでください。

  怒るワンちゃんをからかわないでください。 おもしろがってワンちゃんを怒らせ

記事を読む

ワンちゃんを叱る前に読んでください。

  ワンちゃんを厳しくしつけないといけないという思いから、叱ることは十分に理解できま

記事を読む

飼い主に噛み付くワンちゃんの作り方

体罰はワンちゃんの攻撃性を高めます。   動物行動学では、攻撃的な振る舞いは本

記事を読む

首輪を利用した訓練について

先日、仕事で東京都内に行く機会がありました。 快晴に恵まれたとても気持ちの良い日で、私は住宅街

記事を読む

どこまでが体罰か。

「これは体罰なのでしょうか?」 と飼い主さんからご質問をいただいたことがあります。 &n

記事を読む

  • ホームページ

    コンピスのホームページ
    犬のしつけ・トレーニングのご依頼はこちらから

PAGE TOP ↑