*

「要求吠えには無視を」と言いますが、夜中に愛犬が吠えても無視できますか?

公開日: : 最終更新日:2016/09/04 行動科学によるしつけ, 吠えるについて

Share Button

行動分析学には社会的妥当性という言葉があります。

 

「問題行動への介入手続きが面倒だったり好ましくない副作用が予想される場合、その介入が効果があったという点で行動的には妥当であっても、社会的には妥当ではない。」

というものです。

 

これは私が常に課題として考えていることでもあります。

 

それでは社会的に妥当ではない方法とはどのようなものでしょうか。

 

例えば、夜鳴きをするワンちゃんがいます。このワンちゃんはリビングルームにあるサークルの中でいつも寝ています。しかし夜中の1時2時頃になると寂しくなるのか飼い主を呼ぶように吠えてしまいます。この飼い主は近所迷惑になることを恐れ、すぐにワンちゃんの所に行ってあやしているそうです。そして30分ほどあやすと落ち着いて眠ってくれるとのことです。

 

この場合のワンちゃんが夜中に吠えることの原因は明らかですね。

吠えたら飼い主があやしに来てくれるわけです。そしてワンちゃんはほぼ毎晩吠え続けていることから、吠えたら飼い主が来てくれるという形で学習しているのでしょう。

一般的に要求吠えと呼ばれる正の強化で維持されている吠えの可能性が高いですね。

 

要求吠えには無視をするという事が巷では定説となっています。

たしかにこの場合もワンちゃんが吠えても飼い主があやしに行かなければ、この吠えは減少していくと思います。

 

しかし夜中に吠えているワンちゃんを無視することができますか?

 

吠えても飼い主が来てくれないと感じたそのワンちゃんは、もっと頑張って吠えようとするはずです。消去バースト(消去抵抗)と呼ばれる現象ですね。夜中にそれだけ吠えられると、マンションでなくとも近所迷惑になるでしょう。

 

ワンちゃんの夜鳴きに対して無視をすることは、行動的に妥当であっても社会的には妥当ではないという事です。

 

それではどうしたらいいのでしょうか。

 

一つの案としてワンちゃんの寝る場所を変えてみるというのはどうですか?

 

サークルをリビングルームから寝室に移してみてはどうでしょう?

飼い主のベッドのすぐ横にサークルを置いて、そこにワンちゃんを寝かしてもいいと思います。

たったそれだけのことで、ワンちゃんの吠えはずっと少なくなるはずです。

吠えたとしても短時間で吠えやむことが期待できます。

 

不安な気持ちは学習を阻害すると言われます。

リビングルームでの要求吠えを消去しようとしたら、激しい消去抵抗が長く続きなかなか吠え止むことはないでしょう。

しかし飼い主のすぐ隣だと、安心するのですね、吠えるという行動に比較的早く消去が起こります。

 

 

またワンちゃんは必ずサークルの中で寝ないといけないという事もないわけです。

べつに部屋の中でフリーの状態でもいいと思います。

 

ワンちゃんをサークルの中で寝かせる理由はなんですか。イタズラをさせないため?トイレを失敗させないため?だったらイタズラをされないように部屋を片付けましょう。トイレトレーニングをしっかりとしましょう。そうすればワンちゃんはサークルで寝る必要もなくなり、夜中にサークルの中で吠えることもなくなります。

 

サークルトレーニングは吠えてもあまり迷惑にならない日中におこなえばいい話です。

 

もしワンちゃんの困った行動でお困りの方がいるなら、考え方を少し変えてみましょう。

もっと広い考えでワンちゃんと過ごしてみてください。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村ランキングに参加しています。あたたかいお気持ちでポチッとしていただければ励みになります。

関連記事

パピー教室で子犬同士をふれあわせる目的は何ですか?

「パピー教室に参加したら、相手の犬に一方的に追いかけまわされ怖がりなコになってしまいました。」

記事を読む

目指しているもの。

ワンちゃんの問題行動のトレーニングについて考える時、 まずこう考えてみてください。 &n

記事を読む

行動を具体的にとらえることが問題解決への第一歩

学習理論に基づいて問題行動を考える時は、変わってほしいと思う行動を具体的にあげることが大切です。

記事を読む

【犬のしつけ】ワンちゃんはトイレをこのように学習します。

★トイレの学習 ワンちゃんは“先行刺激”がある時に“行動”をしたら“メリットがあった”

記事を読む

愛犬が窓の外を見て吠えていませんか?

あなたの愛犬は1日中窓際に座り、家の前を通行人が通るたびに吠えてはいませんか? 飼い主はワンち

記事を読む

なんでもイイコイイコするという事に感じる危うさ

数日前の話なのですが、某バラエティ番組に出演されているタレントさんが、番組の中で愛犬との生活について

記事を読む

相手は正しい。

  何回言っても間違える。 指示を出しているのに動いてくれない。 言って

記事を読む

“一見よさそうだがじつは効果のない方法”に騙されないために

※今回は上下関係という考え方を否定する内容ではなく、ワンちゃんの行動を見て、安易に上下関係という考え

記事を読む

犬に吠えられやすい人がいるのはなぜ??原因と対策

ワンちゃんに吠えられやすい職業 ワンちゃんによく吠えられる人の代表として、宅配や郵便職員が挙げ

記事を読む

死人テストという行動の捉え方

近年のドッグトレーナーは、学習理論に基づいて問題行動と向き合います。 ワンちゃんの行動を説明す

記事を読む

  • ホームページ

    コンピスのホームページ
    犬のしつけ・トレーニングのご依頼はこちらから

PAGE TOP ↑